• 投稿公開日:2019年6月4日
  • Post category:お知らせ

情報伝送設備工事とは?

情報伝送設備工事とは、電気を情報伝達のために使ったり電力を制御したりする工事のことを指します。

情報通信設備には電話・テレビ・インターネット・防犯カメラ・火災報知器・放送設備など様々なものがあり、それらの設備の設置や設置に伴う電気工事のことを総じて「電気通信工事」と呼んでいます。電気工事との主な違いは、「扱う電力の大きさが違う」とお考えいただくのが分かりやすいでしょう。

以下では荒木電通が得意とする情報伝送設備工事を具体的に紹介いたします。

 

一般ビル通信設備工事

一般ビル通信設備工事

電話工事、LAN工事、防災システムといった一般ビル通信設備工事全般に荒木電通は対応しております。
どんなご依頼に対してもお客様のご要望を正確に反映した施工をお届けいたしますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

 

光ケーブル敷設工事

光ケーブル敷設工事

大容量のデータでも高速で送受信を行なうことができる光ケーブルへの移行も荒木電通にお任せください。
弊社は光ケーブル敷設工事の実績が豊富ですので、お客様のご要望を反映したスムーズな施工をお届けすることができます。

 

メタルケーブル敷設工事

メタルケーブル敷設工事

電話を繋げるために必要な情報伝送用ケーブルや機械機器の制御回路に使用する制御計測用ケーブルといった各種メタルケーブルの敷設工事にも荒木電通は対応しております。情報通信工事のプロフェッショナルとして、荒木電通はどんなご要望にもお応えいたします。

 

既設ケーブル撤去工事

既設ケーブル撤去工事

移転、機器移動、退去などに伴う敷設された既設ケーブルの撤去工事も荒木電通にお任せください。
撤去はもちろん、その処分までを責任を持って対応いたします。

 

機器用電源工事

機器用電源工事

幹線からの引き込みやコンセントの増設などを行ない、機器が動かせる状態にする機器用電源工事のご依頼も荒木電通にお任せください。
機器用電源工事の実績が豊富ですので、場所や状況に応じて的確な施工をお届けいたします。

 

分電盤(設計・製作・設置)

分電盤(設計・製作・設置)

電気を安全に使用するための漏電遮断器、配線用遮断器などがまとめられた分電盤の設計・製作・設置工事に荒木電通は対応しています。遮断機能はもちろん、電力量計や制御用リレー電源スイッチなどお客様のご要望を踏まえた分電盤をご提供します。

 

その他

空調工事、照明工事など各種電気設備工事に対応しております。あらゆる電気設備工事に対応できる知識と技術を持っていますので、電気設備工事のことなら荒木電通にお問い合わせください。